HOME>レポート>綺麗な歯が手に入るのがホワイトニング!【気になる治療方法とは】

綺麗な歯が手に入るのがホワイトニング!【気になる治療方法とは】

医療器具

ホワイトニング治療の内容

大阪の審美歯科治療を行っている歯医者さんであれば、必ずといって過言ではないほど「ホワイトニング治療」を行っています。この治療は過酸化水素という色素を分解する特殊な薬剤を歯の表面に塗り、黄ばみを引き起こす色素を落とすのが特徴です。同じ効果を得ることはできますが歯医者さんによっては、薬剤を塗った後にハロゲンライトを照射するか、レーザーを照射するかといった違いがあります。ハロゲンライトの場合、緩やかに色素を分解していくので数回施術を受けるというのが一般的で、自然に歯を白くしたいという人におすすめです。一方、レーザーの場合はハロゲンライトよりも強力なレーザーを薬剤に照射することによって、一気に色素が分解されます。1回の治療で白く透明感のある歯へと生まれ変わるので、即効性を求める人はレーザーを使うホワイトニング治療を選択しましょう。

口元

日頃のメンテナンスも大事

お笑いの街としても知られている「大阪」、笑顔に自信をつけるためにと歯医者さんでホワイトニング治療を受ける人も少なくありません。ホワイトニング治療を受けることによって、コーヒーなどの食品で付着した歯の色素を分解することが可能です。治療後は白く輝く歯へと変身するので歯のことを気にすることなく、口を大きく開けて笑うことができるでしょう。ただ、ホワイトニング治療後に再び歯に色素が沈着しやすい生活習慣をしてしまうと、また歯の黄ばみに悩まされるようになります。白く輝く歯をキープするには日頃のメンテナンスが必要不可欠ですので、丁寧なケアを心がけるようにしましょう。メンテナンスの基本は毎日のブラッシングで、歯1本ずつ円を描くようにクルクルとブラシを使うと、より色素が落ちやすくなります。また、ホワイトニング剤を配合した歯磨き粉を使う、定期的に歯医者さんに通いクリーニングを受けるというのも大切です。